第4回目は、グラフィックデザイナーのシドニー・レオンさん。

This 4th round is about Sidney Leung the graphic designer.

20160217145603_img_0097

日本に来たのは子供の時以来というシドニーさん。取材前日に来日したばかりというお疲れのところ、彼と待ち合わせをしたのは原宿・表参道のGAP前。「はじめまして」の挨拶で私が感じた彼の第一印象は、不必要な力みのない…いわゆる‘自然体’の佇まいです。

20160217133843_img_0054-e1458660819642

まず初めに、シドニーさんの仕事や活動について、読者の皆様に自己紹介をお願いしました。

First of all, could you introduce yourself to the readers? About your artworks, jobs and actives.

「名前はシドニー。22歳のコミュニケーションデザイナーです。今はベルリンのBTKという学校で学んでます。これまでフリーランスとして、香港やベルリンの様々な人々とロゴデザインのような企業戦略やブランディングの仕事をしてきました。僕はまた、アニメーションや相互関係性を持つデザインなど本業以外の仕事や、DJとして友人らとクラブでテクノミュージックをかけたり…そんな楽しみもしています」

My name is Sidney and I’m 22 years old communication designer currently studying in Berlin, at the art school call Berliner Technische Kunsthochschule (BTK). I mostly do freelance so far working for various people in Berlin and Hong Kong producing mostly branding, such as logos to identities for them. I also enjoy doing side projects such as animations, interaction designs and playing a few techno songs at clubs with friends.

20160323_010421-e1458662745903

香港生まれドイツ在住というシドニーさん。その辺りについても訊いてみました。

Let us know the story that you moved to Germany from Hong Kong.

「僕は7年間、イングランドで育ちました。でもロンドンが好きになれず、最終的には大学へ行ったときですが、中退して故郷の香港に帰りました。僕は創造的な依頼の仕事を始め、バーテンダーとしても2年働きました。でも香港という街は素晴らしいけれど、ここもまた自分の居場所ではないと思ったんです。挫折感のなか、次はどこへ行くべきか考えました。ニューヨークが最初の選択肢だったんですが、いろいろと高価で…。そんな時、ドイツ出身の友人が勧めてくれたこともあって、ここベルリンに渡ってきました。はじめ下見に来たとき、僕はそのザラついた魅力にすぐに恋に落ちました。現在、ベルリンはヨーロッパにおいて最も著しく成長する街のひとつです。これまで僕が2年間ここにいて、いまだにその活気あふれるエネルギーと眩いばかりの驚きとに魅了されています。冬は憂鬱だけど、ベルリンの夏はホントにいい。僕はノイケルンという地区にいますが、ここは ヒプスター (流行に敏感な人たち)、難民、トルコ人、地元民が混在する場所です。いい音楽と酒場があります。食べ物は…ちょっと変化に乏しいから、僕は長い1日の後、少しの瞑想として台所に立ちます。週末は忙しく仕事をしてるか、夜通し…我を忘れるくらいの楽しいパーティをしにバーに行くかです。卒業するまでここにいたいし、この街への興奮と愛の中で生活を続けていけたらいいなと思います」

I grew up in England for 7 years but I didn’t like London when I finally moved there for university so I quit and moved back my hometown Hong Kong. I started working for a creative agancy and bartending for 2 years but realised Hong Kong is a great city but also it wasn’t the place for me. Frustrated and trying to decide where to go next, New York was my first choise but due to the high prices, I came across Berlin because one of my friend is from Germany and he suggested the city for me. I then went to Berlin to take a look and immediately fell in love with its gritty yet charming style. Currently Berlin one of the fastest growing city in Europe, so far I’ve been here for 2 years and I still get fascinated to it’s vibrant energy and cute surprises for me even to this day. Although the winters are very depressing, summer is the best in Berlin. I stay in the area call Neukolln and it’s a massive pot of hipsters, refugees, turkish and locals. It’s great for music and bars, but food gets a bit repetitive, so I cook as a bit of meditation after a long day. Weekends I either get busy working or going out for bars and great nightlife parties that lets me lose myself. I hope I will be able to stay longer in when my school has finish and continue my life in excitement and love for the city.

provided by Sidney
provided by Sidney

ここでシドニーさんの作品をいくつかご紹介します。

provided by Sidney
provided by Sidney

「これはちょっとした遊びなんだけど、ファッションと立ち回りを組み合わせて静と動を表現したものなんだ。ポラロイドカメラで撮影したものだよ」

This project was just for fun. I wanted it to be movement…combine fashion with movement. right is move, left is still. It was just for fun I took with a polaroid.

provided by Sidney
provided by Sidney

「これはエレベーターの扉を使って、人の「視線」を切り取ったもの。600枚くらい撮影したんだけど上手く撮れたのはほんの僅かだったね。右下の一枚はホントにクールでしょ?」

This was really cool project. Gateway to the reality…moments from entering elevetor till opening the door. I took 600 photos…lower right is really cool.

photo by Sidney
photo by Sidney

「これは、友人のために作ったイベントのポスターだよ」

This is the event posters for my friend.

provided by Sidney
provided by Sidney

「これは、写真を音楽処理したものなんだ。モデルさん自らに好きな曲を一曲ずつ選んでもらって、その音楽と画像を組み合わせるんだ。ノイズの多さや曲調によって生まれる変化が違ってくるんだよ」

This was a music processing photos. A model choose a song…some are noisy while quiet…translating music wave into the picture.

provided by Sidney
provided by Sidney

シドニーさんは他にも、ウィスキーのロゴデザインやブランディング、本や雑誌のデザイン、モーションキャプチャーなど、多種多様な作品を作っています。

provided by Sidney
provided by Sidney

「これは、僕が履修したブックデザイン授業の、学期の最後の作品として制作したものです。僕は、リン・ニュエンというベルリン出身のベトナム人イラストレーターと一緒に制作しました。彼の絵はとても美しくて…この本の動物の絵は全部彼が描いてくれました。僕は日本式製本の細かさや特異性が好きです。挿絵の焼き付けも面白くて、全部で4時間もかかりました。僕らはもちろんこの作品が気に入ったし、この授業もホントにいい成果だったと喜んで言えます」

This project is part of book design class I took, which in the end of the semester we must produce a final piece. Taking on different book making techniques we learned from our teacher, I collaborated with an vietnamese illustrator from Berlin (Linh Nguyen) who makes beautiful drawings and took all his animal illustrations to produce this book. I like the minimalistic and uniqueness of Japanese bookbinding and printing all the illustrations, it took me around 4 hours to assemble everything together. We both liked the outcome in the end and happily saying it was a pretty good success for the class too.

provided by Sidney
provided by Sidney

「これは、ノートパソコンの乱雑だったファイルを整理していて、活字をいじっていた最中に始めたものですが…ベルリンの地下鉄の路線図用にポスターを作ったらいいかもって思ったんです。だから‘クリエイティブ・ブロック(ロゴデザイン)’の題材について調べ、香港での休暇中に完成させました。このポスターは、ベルリンのU-Bahnといわれる駅で構成されています(S-Bahnではなく)。それぞれの色は、各路線で停車する駅に依っています。このポスターは、路線図のつまらなさから脱却しその面白みに挑戦しましたが、結果的にこの見た目が気に入って、自分の家にも一枚置いています」

This started when I was arranging my messy laptop files and found it unfinished during the times when I was messing around Typography, and thought it would be cool to create my own poster for the subway system in Berlin. So learning from a post about the subject on Creative Bloq, I continued to finish it during my holiday in Hong Kong. The poster consist of all the U-Bahn station names inside of Berlin (not the S-Bahn) and the colours are the train lines directing all the stops each one has. This poster was done out of pure boredom and trying to have fun, but in the end I like the way it look and I have one printed in my house.

provided by Sidney
provided by Sidney

「ザーローテルムとはベルリン郊外にある健康センターです。この作品は企業戦略のクラスで僕たちが彼らのブランドをデザインし直せる機会を得たものです。一種のコンペティションで、選ばれると報酬がもらえます。僕は受賞を目指して彼らが何を必要としているかに的を絞りました。もし受賞できたら、ちょっと贅沢して彼女とどこかに遊びに行かれるかなって思って…(笑)。当時、彼らの経路探索システムは更なるデザイン化が必要だったし、もっと分かりやすいものであるべきでした。でも結局、僕は受賞はできませんでした。何故ならとても残念なことに、彼らがどうしたいのかについて充分な話し合いが持てませんでしたし、彼らに有用でないことを僕に求めたからです。なんてことだ!彼らは実際、新しいロゴや僕がやったことのないものを捜していました。とにかく僕にとってはすべてのアイコンを最初から最後まで作ることをしたいし、これまでやってきた仕事に誇りも持っています。この作業の残りは僕のポートフォリオ用に取っておこうと思いました。でも、僕はこのことから学びました。デザイナーはクライアントと充分な意思疎通をしなければならないし、それが双方にとっていい結果をもたらすのだと。しかし同時に、どうしたいのか分からない人に時間を費やすのは無駄だし、そんな時は考え直して来いって言うこと。自分のやってきたことに誇りを持つことも学びました。それが両者にとって大切なことです」

SaarowTherme is a wellness centre based a little bit outside of Berlin which in my corporate identity class, we were able to redesign their brand. As sort of a competition, the chosen design could have a well paid compensation. Having the eye on the prize I was trying to target what they need so I could go on holiday with my girl haha, at that time was their wayfinding-system they needed the most designing, as their’s look like shit and could have been done better and more understandable. But in the end I didn’t win because they were assholes and didn’t communicate well in terms of what they need and got me doing things they didn’t find useful. What a disaster. They were actually looking for a new logo or something which I didn’t work so much on. Anyways for me I enjoy making all the icons and system from start to finishing and I’m proud of what I did. The rest of the branding I decide to take out for my portfolio because it was not so relevant. But I learned from this is that designers should have as much communication with clients so the ending result should look as what both wants. But also don’t waste time on things people don’t know what they want, tell them to go away and think back, and be proud of what you done, because in the end it will save tons of time between both sides.

provided by Sidney
provided by Sidney

他にも多くの作品がありますので、詳しくはシドニーさんのウェブサイトにてご覧ください。

旧サイト Old Web Site http://sidleung.tumblr.com/

新サイト New Web Site www.sidleung.com

シドニーさんとは来日中に二度お会いしたんですが、初日の原宿~渋谷、そして二日目の東京タワー、そして青山~恵比寿。その間、制作活動以外の話もたくさんしてくれました。

雨傘運動にも触れた香港の現状、ドイツで仕事をすることの良さと難しさ。人種差別について、インターンとして働いた時期の戸惑いや苛立ち。アルバイト時代の苦労。金曜日から始まり三日間も続く、ドイツのクレイジーな週末の遊び。「尻のポケットに財布なんか入れてたら友達がふざけて絡んできてすぐに盗まれちゃうぞ」と、私へのアドバイス。日本のラーメンが大好きなこと。日本食の文化…とりわけ「呑みながらつまむ」という飲酒スタイルが好きなこと…。

photogrid_1458658427216-e1458658989892

一見すると「いまどき」でお気楽な立ち居振る舞いなシドニーさんは、実はとっても繊細で感情豊か。好奇心旺盛で、優しい気配りの出来る好青年なんです。

photogrid_1458659152752-e1458659244453

そして、英語が得意でない私に…しかも道案内の途中で道に迷うという呆れた私にも嫌な顔ひとつせず、 ホントに多くのことを話してくれました。

photogrid_1458658822060

「デザインを学ぶにはとてもいいと言われている学校に入ったんだけど、実際はそうでもなかったんだ。単位を取ることだけが目的で、先生たちは僕らにそのために何をすべきかを言うんだけど…本当に退屈だったし嫌気が差したよ。だって全然クリエイティブじゃないんだから。でもひとり、ある写真の先生が言ってくれたんだ。「考えるな、ただ撮れ」ってね。いい先生だったよ」

I entered the best desgin school but I realized it was not the best. We were just expected to get grade. Teachers tell us everything what to do. Students do criteria only 2 years for drawing something realistic. That’s how we do for the grade. It wasn’t creative. I was told that if I do other things they are wasted of time to get a grade. I was so bored. I hated it. I met a photography teacher. He told me not to think but shoot. I improved, have become more conceptional.

20160221140243_img_03701-e1458661986516

「僕の制作スタイルは、おおむね誰かのための仕事という制約が原因でもあり、定まっていません。でも、僕はまだ自分の芯となる手法を探っていますが、そのうちいい感じになる手応えを感じてます。僕には同じフィールドで仕事をするいい友達がいるし、互いに推したり支えたりし合っています。将来は、彼らと一緒に僕ら自身のデザイン会社を持ちたいです」

My style of artwork are generally random due to restrictions of working for someone, but I’m still searching for my core approach but I have a good feeling it will come someday. I have great friends here working in the same fields and we help by pushing and supporting each other. In future I like to create our own design agency with them.

20160221151904_img_0437-e1458661900908

そして、この記事のプレビュー確認をしてもらった今日(4/7)、こんな報告を頂きました。

It’s all good man!! Also I have started my design agency. It’s called ‘omelette-collective’.

ついにご自身のデザイン会社をスタートしたようです!(名前は「オムレツ集団」だって!)

Sidney’s web site

20160407_222626-e1460035666485

問1. あなたにとって「人生の歓び」とは何ですか?

What is the “plesure of life” for you?

答1. 僕が思うに、人生の歓びとは探求です。それは「幸せ」だと言う人もいるだろうけど、あまりに抽象的すぎるし、常に幸福な状態でいられる人はいないでしょう。心地よい空間から一歩踏み出して、自分は何者なのかに気付かせてくれるモノを探すことだと思います。だからこそ、僕にとって旅することは一番の方法です。時々、旅にはひどいこともあるけど、予想外にいいことに転じたりもします。僕は思います。心をオープンでいることと積極性が鍵だと。例え最悪のシチュエーションでもね。自分自身と他人に対して‘リアル’でいること、ユーモアのセンスを学ぶこと、有言実行、そうすればいつか幸せを見つけられると思うよ。たぶんね。

I think pleasure of life for me is exploration, I think people would say happiness but to be happy I believe it is too abstract and nobody can be happy 24/7. I believe stepping out of your comfort zone and explore what is going around makes you realise who you are. That’s why travelling for me is my best remedy, sometimes the trips might suck total balls but there are times where things unexpectantly turn to be the best times. I think to keep an open mind and positivity is key, even in the worst situations. Be real to yourself and other people and learn to have a sence of humour, mean what you say and say what you mean, at the end you will find happiness through that. Maybe.

20160323_001320-e1458659755903

問2. あなたの夢は何ですか?

What’s your dream?

答2. 僕はまだ自分をもっと知ろうとしてるから、確かな夢はありません。これまでなら、最善を尽くしたい、目の前にある問題に挑みたい、そう言ったと思います。僕はグラフィックデザイナーだけど、他のクリエイティブなことにも興味があります。だからもう少し先のいつかは、そういうこともやっていられたらいいなと思います。でも、母に言われました。「大きなことを成し遂げるためには小さな目標を持つこと」。だからそう心がけていこうと思ってます。

I am still looking to know more about myself so I don’t have an exact dream to have, so far I could say I want to try to do my best and able to tackle problems in my way. I am a graphic designer but I’m mostly interested in anything creative. So I guess my later future I hope I could still be doing something like that. But my mother said to me, have small goals to achieve something big, so I’ll follow with that and see how it goes.

photogrid_1458661490588-e1458661637381

問3. 「愛」について、どう思いますか?

What do you think about “love” ?

答3. 僕は、愛とは迷信的で神秘な言葉だと思います。現実的には。説明するのは不可能です。でも僕にとって愛とは家族を意味するでしょう。母や祖母から与えられた常識を超えるほどの無条件の愛は、説明できません。僕は、愛は相互のものだと思います。ギヴアンドテイクを学ぶ必要があります。僕は最近とても居心地の良さを感じる人に出会いました。それもまた、愛の重要な役割だと思います。誰しも完璧ではない、でも素直であること、他の誰かをありのままに愛すること、それが全てなんじゃないかな。

I think love is such a obsessed and obscured word that in realty, is impossible to describe. But I guess love for me means my family, the insane amount of unconditional love given from my mom and my grandma is beyond explanation. I believe love go goes both ways and need to learn how to give and take. I also recently met someone that I find very comfortable with and I think that is a key role of love, nobody is perfect but being yourself and loving someone else for being who they are is all that matters.

20160217171355_img_01681-e1458661775886

「『良いデザイン』は、いろんなところにある。よく目にする。でも『最高のデザイン』っていうのは、実は目に見えないんだよ。何故ならそれは、良すぎてみんな気が付かないんだ」

Good design is there, we can see it. but best design, we can’t see it. because it is too good we can’t realize it.

20160407_151019-e1460009602564

When I told Sidney about the planning of this articles what I hope we will collaborate and have some events sometime, that’s my dream and please introduce to me your friends as next artist or creator for this plan, he said to me that:

最初にシドニーさんに合った時に私は、私の記事で特集を組ませてもらったアーティストさんやクリエーターさんでいつかコラボレーションしたり、合同でイベントを開催したりしたいと思ってることや、次に書かせてもらう人を友人の中から紹介してもらうことなど、この「百士繚乱」の企画の意図をシドニーさんに話しました。すると彼はこう言ってくれました。

It’s good idea! We will connect through your works. So you have to continue your works until then…

そして、シドニーさんは最初からずっと私にこう言い続けてくれました。

and Sidney told me always : You do for yourself. no worries take your time to do what’s important for you first. Good luck man! You can do it!

シドニー、ありがとうございました。また逢える日を楽しみにしています!

Thanks Sidney! Good luck!

8th Apr. 2016

Sidney’s web site